『シートNO.7』に裏切られた私。

へいへいへい!!!

 

 

 

 

毎日ブログを更新するなんてお安い御用だよ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、、、、

 

 

 

 

勉強後回しにしてるもんな!!(真顔)

 

 

 

 

まぁ、何かを得るには何かを犠牲にしなければね。ドヤ

 

 

(最高にダサいww)

 

 

まぁ最初は慣れないだけで、だんだんペースが掴めるようになったら、もっとうまく生活を回せるようになると信じている!!

 

 

____________

 

 

 

今回は最初に、留学中のお食事について紹介しようかと。

 

 

 

 

平日の 『朝・昼・晩(金曜以外)』

 

時間になると、、、、、

 

 

ズラーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと

 

 

 

 

 

うえええええええぇぇぇえええい♪!!!!(ぶひっ

 

いろんな料理が並ぶのです。

 

 

パスタ、ラザニア、ハンバーグ系のときもあれば、日本食のときもある♪

 

具がゴロゴロのカレーはテンション上がる♪

 

 

どれも本当に美味しくて、もう天国ですか?

 

世界一周中の私にとっては最高のパワーチャージ期間。

 

 

 

野菜やビタミンを摂取できる幸せ。

 

毎朝マンゴーとか新鮮なフルーツを食べれるんだよぉぉぉ(白目)

 

 

1ヶ月も経つと当たり前に感じちゃうけど、本当にありがたいし、感謝の気持ちを忘れてはいけないなって思う。

 

 

 

 

ピントな、、、

 

 

 

 

________________

 

 

パゴダ大好き斉藤さんが存分にパゴダを探索したところからの続き。

 

 

実物見てさらに好きになったなー。

 

 

 

国内観光してると思われるミャンマー人に急に写真頼まれたり。

 

私でいいのか?汗(首かしげる斉藤)

 

てか、

 

頼むわりに全然笑わないやん。。

 

 

 

 

 

 

 

お店はあまりないから、宿で同じ部屋の中国人がくれたバナナに救われた。

 

この完熟度。

おいしすぎて衝撃を受けた。

 

(マリカー感は否めない。)

きっとフォルムと背景のせい。

 

 

 

___________

 

 

宿も気に入ったし、何よりバガンの景色が好きなので3泊4日滞在しました。

 

2泊が平均で、3泊すれば十分ってかんじ!

 

 

最後の食事に選んだお店は、初日にも訪れたこのレストラン。

 

A Little Bit of Bagan

 

 

 

何を隠そう、

雰囲気、食事、立地。すべてが完璧。

 

何より、ミャンマーでは本当に珍しい『WIFIサクサク店』なのです。

 

まずWIFIあるお店が少ないし、あるって書いてあっても、当たり前のように繋がらないお店がある。

 

カレーが美味しくてリピートww

今度はパンプキン味を注文した。これまた美味。

 

 

 

もうミャンマービールは毎日の水分補給。

本当に好きな味だーー。

 

この大きいビンでも200円くらいだよ!

 

 

壮大で刺激がたくさんあったバガンは本当に楽しかった。

 

 

ありがとうバガン

 

 

 

__________

 

 

宿でバスのチケットを手配してもらって、次の目的地、”インレー湖”へ向かう。

 

 

 

 

近くのバス会社行って自分で予約することも可能だったけど、値段も相場とほぼ変わらんかったから、別に問題ないかなって思った。

 

 

 

 

 

 

、、、がそれが大きな間違いだった。

 

 

 

 

ホテルのスタッフさんも丁寧に予約対応してくれたし、

『あなたのシートは7だよ』って教えてくれた。

 

 

うん。絶対そう言ったんだ。

 

 

そう、そのはずだったのに、、、、

 

 

 

 

_______________

 

 

 

昼のバスだったので、朝食後ホテルのエントランスで、ピックアップを待つ。

 

 

エリアにもよるけど、基本的にホテルで予約したら、ピックアップの車がホテルまで来てくれて、バスターミナルまで向かってくれるから、楽なんだ。

 

 

時間になっても全然来なくて、30分以上待つ。

 

 

、、、、、、、、、、

 

 

 

 

やっと来た!

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップの車はだいたいバンくらいのサイズだから、こんな広さ。

 

 

運転席

 

 

 

これから他の人もピックアップするのかな?

 

 

 

うん。

 

 

 

 

 

 

だがし、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか停車しない。

 

 

 

 

かれこれ1時間以上走行している。

 

 

 

 

 

 

ってかピックアップって普通近くの宿を周るはずなのに、全然人が増えていかない。

 

 

 

 

 

 

な、なんなんだこれ。。。。。。

 

 

予想外の出来事に戸惑う私。

 

 

 

________

 

 

 

 

すると、ある場所の前で停車した。

 

ん、なんかちっちゃい建物だけど、ここがもしかして、バスターミナルなのか?!

 

 

 

確かに、バス会社によってはこんな小さなところがあってもおかしくない。

 

 

 

 

とりあえず、、、、よかった。

 

 

 

このバンで、走行するのかと思ったよ、、、汗

 

 

 

っと、荷物を持つ準備をしながら、開く扉の方を見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が乗って来たーーーーwwwwwwwwwww

 

 

 

 

 

ピックアップですか?! え、まだピックアップですか?!!!

 

 

 

 

 

 

 

どういうことだ、、、、どういうルートなんだこのバス。

 

ハテナが止まらない斉藤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしや、本当にこのバンで走行するつもりなのか。?

 

 

 

んなわけ。。。

 

 

 

ない、、、、、、

 

 

 

 

 

何でそんなに気にするかってさ、、、、

 

 

 

この移動、

 

 

 

 

 

 

約10時間 なんすよ。汗汗

 

 

 

ね、おかしいよね、バンで10時間移動ってことないよね。

 

 

 

 

ね、ね、ね、ね、、、、、?

 

 

 

 

だって、ちゃんとチケットも買ったし、その控えには『シートNO7』ってちゃんと書いてあるもんね。

 

うん。、、、

 

 

まだ私はシート7には座っていないはずだ。

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

いやいや、もはやそんなあがきも通用しない。

 

 

なんならガソリンスタンドに寄ってガソリン入れてるしね。

 

 

ピックアップの車なら今ガソリン補充する必要ないよね。

 

 

あははっははははっはっはあははh

 

 

 

 

 

 

、、、、腹をくくった。

 

 

 

 

よろしく私のシート7。

 

 

 

 

 

命名しました。

 

 

 

 

_____________

 

 

 

 

しかも、走行するのは、こんな山道。

 

 

ぐねぐね、ボコボコ道で、バンで快適に過ごせるはずがないよね。

 

 

 

 

一気にテンションさがってきたーーーー。

 

 

 

そんなとき、

 

 

 

 

 

いびきの音が聞こえ始める、、、、。

 

 

 

いやいやまじかよ、よくこんな走行で寝れるな。

 

羨ましいんですけど!ww  誰っすかまじ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運転手の奥さんだった。

 

 

 

 

 

いや、まじ。。。

 

 

なんなんこのバン。

 

 

 

 

シートNOに安心した私がバカでした。

 

皆さんも気をつけてね!!笑

 

 

車両がわかるバス会社を予約しましょう。

 

 

 

こんなモヤモヤした気持ちでインレー湖へ出発した斉藤でした。

 

 

 

 

■世界一周旅行者のブログランキングに参加しています!

下のバナーをクリックしていただくと順位に反映されます。
1日でリセットされてしまうので毎記事応援のワンクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキング一覧のページに飛ぶので、開くまで少々お待ちくださいー!

_________

 

 

本日は最後に癒しの写真を。

 

 

近所に住んでいる西洋系の男の子。

 

ペットの犬を溺愛で、足とか頭とかにキスの嵐。

 

 

なんて素敵なの。

 

犬に変わりたい、、、、

 

 

ではまたーーーーーーー!!!!!!!笑

 

 



 

あわせて読みたい

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください